審査に落とされる要因になる申し込みブラックって何?

怒った顔と大きな手でNO!と表しているイラスト

キャッシングを利用するときに、よく聞く言葉で「ブラック」というのがあります。

 

これは以前に債務整理や自己破産、ローンの返済事故などをしてしまった人が、キャッシングや各種ローンに申し込んでも審査に通ることができない「ブラックリスト」に登録されてしまっている状態をさす言葉です。

 

しかし「ブラック」には他にも種類があります。

 

それが意外と知られていない「申込ブラック」というものです。

 

これは何かと言うと、キャッシングを利用したいと考えたときに複数のキャッシング会社に申込みすぎて審査に通らなくなってしまうことです。

 

例えばあなたがどこか、キャッシングを利用しようと思って申し込みをしたキャッシング会社があったとします。

 

自分では審査には問題なく通ると思っていたのに、落ちてしまった・・・。

 

だったらもうどこでも審査に通ればそれでいいや!と投げやりになって、複数のキャッシング会社にたくさん申し込みをしたとします。

 

又は、どうしても今日中にお金を借りたいから審査に落ちる場合も考えて、予め一気に複数のキャッシングに申し込んでしまうという場合も同じです。

 

キャッシング会社に借り入れの申し込みをすると、申し込んだ履歴も信用情報にしっかり残ります。

 

あまりにも複数のキャッシング会社に、短期間に申し込みをしていると「この人・・・よっぽどお金に困っているんだ」と思われてしまうんです。

 

そうすると当然、審査にも通らなくなってしまいます。そんなピンチに陥っている人が、正常な返済能力を持っているとは考えにくいですからね。

 

これを申し込みブラックというのです。

 

どのくらいの期間で、何社に申し込むと申し込みブラックになるのかというはっきりした決まりはありません。

 

しかし1ヶ月に3〜4社に申し込むと、申し込みブラック扱いになってしまう場合が多いようなので注意してください。
(※短期間でも2社程度であれば、そこまで問題視されていないようです。)

 

どこかのキャッシング会社の審査に通らなかったからといって、その他すべてのキャッシング会社でも審査に落ちるということではありません。

 

なので審査に落ちた場合でも、焦らずに次はどこに申し込むか、申込む際にどこか不備はなかったかなど、もう一度確認してから次に申し込む会社を検討するようにしましょう。